心の不調をすぐに発見するために|うつ病のセルフチェックをしよう

あなたの心は大丈夫?心の疲労度チェック

正しい診察の秘訣

カウンセリング

医師が確立しているうつ病チェックのマニュアルは、患者の回答次第で最大限の効力を発揮します。プライベートな事情は特にその傾向が強く現れるので、医師が的確な治療方法を選択できるようにするためにも、今の気持ちを素直に回答してください。

失敗しない病院の選び方

女の人

うつ病などの精神病で病院を選ぶ際はコミュニケーションを図ろうとしてくれるかをチェックしましょう。話を聞かずに病名を診断する場合や、説明なしに大量の薬を処方するもしくは何度も薬を変更する場合は注意が必要です。

心と体が疲れたと感じたら

医師

心と体の診断方法

「最近、ちょっと疲れた、何か不調かもしれない」と感じたらうつ病の兆候かもしれません。うつ病は、早期診断と治療で完治する病気です。ちょっと疲れたと感じた時にはうつ病チェックをおすすめします。チェック項目は、心と体の異変です。落ち込みが激しくやる気が起きない、憂鬱な気分がいつまでも続くなどが挙げられます。気分の変化には気づかないことが多いですが、体の異変で気づくこともあります。吐き気やめまい、頭痛、腰痛、腹痛が度々起こる症状があります。医療機関を受診しても診断結果に異常が見られず益々悩むことになります。症状を放置して悪化すると人が怖くなったり、仕事すらできない状態になったりして日常生活が困難になります。外出もできず、家に閉じこもりになる方も少なくありません。症状が更に悪化すると自分の存在を否定するようになります。うつ病チェックは定期的に受けて早めの治療をすることが早く完治する方法です。自分でも家族や周囲の方も気づきにくいです。話しかけても上の空状態、いつまでも同じ作業をしている、1日中寝ているなどは注意が必要です。歩き方や話し方にも特徴が出ます。まっすぐ前だけを向いてブツブツ言いながら歩いている、自分の話しかしないなどは症状が出ています。極端に人を怖がったり、人を避けたり、自分を責める行為もうつ病の症状と言えるでしょう。体の変化もでて頭痛や吐き気が止まらない、仕事に行こうとすると腹痛が起こるなどが出ます。ストレスがたまると口臭や体臭などの悩みが出ることもあります。自分の体が臭うのではないかと自臭症になることもあります。過食症や拒食症で胃や腸内環境が悪くなります。胃の痛みや便秘を訴える方も少なくありません。診断が遅れると治療に時間がかかりますが、ゆっくり焦らずに治療することが重要です。うつ病のチェックは、心療内科、神経科、精神科など専門の医療機関で受けられます。または、ネットを利用してチェックすることも可能です。家族や周囲の方に「最近、変化がないか」などと聞いてみることも良いでしょう。自分では気づきにくいかもしれないですが、家族や仕事関係者などは気づいていることもあります。うつ病チェックは自分でもできます。治療が必要になる前に定期的にチェックしましょう。心療内科などの専門の医療機関では十分な時間をとり診断してくれるので安心して受診しましょう。できるだけ家族に付き添ってもらい受診すると良いでしょう。病気の理解が必要です。

メンタル不調への気づき

聴診器

うつ病は、セロトニンの減少によって引き起こされる脳の病気です。他の病気のように、検査して、数値化してわかる病気ではありませんので、心身に現れる症状でチェックする必要があります。チェックシートの活用や他者のアドバイスを受けることが大切です。

境目について知る

男性

うつ病チェックは定期的に行うように努め、忘れないようにと日記形式に書くと忘れにくく、後で簡単に見返しも出来ます。睡眠、食欲が無くなるのが病の特徴なので、ちゃんと食べているか、眠れているのか丁寧なチェックを行うようにしましょう。